Muto Takashi

以前、茨城リネンサプライは、実家近くの山下町にありました。通学時などその前を通ると、いつも水蒸気の白煙がモクモクと立ち上がり、音や配管などちょっとした工場萌えを感じる場所でした。
ハウルの動く城を観たときに、思わずこの城は「リネンサプライだぁ!」と心の中で叫んでいました。その後、内堀町に移動してしまいましたが、帰郷して近くを通るたびに、何だか懐かしい感じというか、子どもの頃に思い続けた、あの水蒸気の白煙と配管に囲まれた建物の中はどういうふうになっているのだろう?などと、思い返される日々でした。

そんな私に好機が…
フォンズの取材で、工場内を見学することが出来ることになったのです。いよいよハウルの動く城の中へ…(?)
取材では代表取締役会長さん自ら、これまでの歩みや会社説明など、工場内の案内も含めて約2時間取材させていただきました。思いは内に秘めたままでしたが、子どもの頃からの願いは叶ったなと、思いました。
これまでの歩みや工場内の説明など丁寧に案内をしていただき、シーツなどの寝具や衣類が主なクリーニングかと思っていたら、別の場所にもう一つ新しい工場があるそうで、そこでは、全国の色々な企業から精密機器や特殊部品等の表面汚染処理や特殊クリーニングを行っていると聞いて吃驚でした。そちらの工場の内部は、撮影禁止ということで取材は難しいそうですが、私のハウルの動く城は、時代と共に新しいことに挑戦しながら進化を続けているのだなぁと、感じました。

常陸太田市美術協会展 2020

「常陸太田市美術協会展 2020」開催のお知らせです。

2020年10月11日(日)〜18日(日)
午前9時〜午後5時
12日(月)は休館 / 最終日は午後4時閉館
入場無料
常陸太田市民交流センター(多目的ホール)

2015年からの参加で6回目の参加となりました。常陸太田に関連したデザインの紹介をさせていただいています。

常陸太田市美術協会との接点は、高校3年の卒業間近、藝大受験用に描いた絵を協会の前身であった常北美術展に出品して知事賞をいただいたのがきっかけでした。その時に運営委員、審査をされていたのが現在美術協会の理事長を務める沼田久雪さんでした。ただ当時はちょうど受験などと重なり賞をいただいたのに授賞式も出席出来ず、後から賞状を送っていただき沼田さんにもお会い出来ませんでした。

その後震災があった年に地元へ戻り、その2年後の2013年に総務省の地域おこし協力隊制度を活用したアーティスト・イン・レジデンス事業のお手伝いで地元の美術団体の方とお会いする機会があり、自分も同行させていただきました。そのとき初めて沼田久雪さんにお会いしました。常北美術展で賞をいただいてから28年という月日が経っていましたが、常北美術展に出品していたこと、県展などにも出品していたことなども覚えていてくださり、とても嬉しかったです。常北美術協会は今はなく里美村・水府村・金砂郷町との平成の大合併(平成18年)を機に常陸太田市美術協会に変わったということをこのときに知りました。その次の年の秋に美術協会展にアーティスト・イン・レジデンスの作家さん3人の出品があり、私もオープニングパーティーに参加させていただきました。40名前後の会員の方がいらっしゃいましたが、その時に感じたのは年配の方が多くて若い方がいらっしゃらなくて、アーティスト・イン・レジデンスの若手のアーティストさんがいなかったら…と思いました。

色々考えましたが、これも何かご縁だと思って、次の年の2015年から参加させていただいています。

道端に咲く彼岸花

違う風景を撮りに行ったのに道端に咲く彼岸花が気になって思わず撮影。

熟れてしまったゴーヤ3本

あわわっ、庭のゴーヤー緑のうちは気付かずに、3本程熟れてしまいました。それにしても綺麗なオレンジ。

完熟ゴーヤのびっくりデザート

熟したゴーヤ、何か食べ方がないかと検索していたら、クックパッドで「完熟ゴーヤのびっくりデザート」というのがありました。

父の日 iMac

実家のノートパソコンもう10年ぐらい使っていて買い替え時期かと。父の日ということで、妹とも話して新しいパソコンを購入。今までノートパソコンを持ち運んだりなかったので、新しいのはデスクトップ型がいいかと。1日早いですが昨日実家へ届けてきました。

バルセロナへ向けて出発。
まずは、成田空港まで普通列車で移動。バルセロナまでの直行便がないので、大韓航空でモスクワ経由のパリ行きへ、パリからエールフランス航空でバルセロナ行きの飛行機に乗り換え。バルセロナ空港到着後、タクシーにてアパルトメントへ。到着後、長い移動の疲れか直ぐにダウン。

Scroll to Top